心と美容の悩みを解決できる方法を試してみよう

持続期間をチェック

注射を打つ人

適切な感覚で施術を受けることが大切

近年、美容整形でもメスを使う大きな手術ではなくメスを全く使わない、プチ整形の需要が増えていると言われています。プチ整形には様々な施術法がありますが中でも、ボトックス注射はプチ整形の代表的な方法として有名です。品川にある多くの美容外科クリニックでも行われているプチ整形で、ボトックス品川を希望する患者さんは年々増加傾向にあります。ボトックス注射は半永久的に効果がキープされるものではなく、施術を受けてから一定期間経つと徐々に元の状態へと戻ります。持続期間はどこに施術を行ったかで変わってくるので、ボトックス品川の平均的な持続期間をチェックしてみましょう。ボトックス注射によるシワ解消効果の持続期間は、平均して4か月から12か月ほどと言われており多くの人は、約6か月ほどで効果が切れるようです。エラボトックスによる小顔効果の持続期間の目安は3か月から6か月、ふくらはぎボトックスによる脚痩せ効果の持続期間はシワ取りと同じく4か月から12か月ほどとなっています。効果をキープするためには定期的に施術を受ける必要はあるものの、術後に元の状態に戻したいとなった時に時間が過ぎれば元に戻るという点は意外とメリットとなります。メスを使う美容整形のように大きく見た目を変えるのに抵抗があるという人に、時間が経てば元に戻るボトックス注射はおすすめです。

メスを使う美容整形は術後に仕上がりに満足できなかった場合、元の状態へと戻すために再度手術が必要となったり、ケースによっては元に戻せないこともあります。このようなデメリットが気になり美容整形に一歩踏み出せないという人に、おすすめしたいのがボトックス注射です。ボトックス注射は術後約半年から1年ほどで元の状態へと戻るので、万が一仕上がりに納得できなかった場合も時間が経過すれば元に戻ります。品川にある美容外科クリニックでもボトックス注射は人気の高い施術法で、年齢や性別を問わず多くの患者さんがボトックス品川を希望しています。ただし、ボトックス品川を受ける際に気をつけたいことがあり、それは「ボトックス注射を打ち続けると抗体ができる」という点です。ボトックス注射で注入するボツリヌス製剤には、複合タンパクというヒト由来のタンパク質が含まれています。繰り返し注入することによって抗体、つまり体に耐性がついてしまい施術を受けても効果を実感できなくなるケースがあるようです。例えばシワ治療としてボトックス注射を30歳から開始し、年3回のペースで1年間に10本から20本単位の注入を65歳まで続けることで抗体ができると言われています。できるだけ抗体ができないようにするためには1回施術を受けたらその後、半年から1年期間を空けて次の施術を行うことが推奨されています。

Copyright© 2020 心と美容の悩みを解決できる方法を試してみよう All Rights Reserved.