心と美容の悩みを解決できる方法を試してみよう

プチ整形の代表

カウンセリング

小じわや表情ジワを改善する

年齢とともに表情に癖ができてしまい、それがシワとなって表れます。シワができると、それだけで年をとった印象を強くするため、これをどうにかするにはやはりボトックス注射が一番お手軽です。ボトックス注射はたるみの解消やワキガの治療などに応用されていますが、最も代表的なのが、シワ取りに代表されるプチ整形です。注射器一本で、複数箇所を注射するだけで、驚くほどシワが目立たなくなります。また、眉間のシワや額のシワと言った表情の癖は、ヒアルロン酸注射ではカバーしきれないところがあります。そこで、ボトックス品川を利用することで表情ジワが目立たなくなるという効果を期待することができるのです。ボトックス品川では、しわの部分にピンとハリがでることを実感することができます。ボトックス注射をすることによって、目尻の細かいちりめんジワまで目立たなくなるので、ハリのある若々しい肌に生まれ変わることができるのが特徴です。気になる持続期間ですが、これはあくまでもプチ整形と呼ばれる分野の施術であることから、永久的な効果を期待することはできません。しかし、ボトックス注射によるアンチエイジングは、半年から長いと1年ほど効果が持続することがわかっています。

表情ジワなど表情のくせによって付いてしまったシワというのは、ヒアルロン酸では対処することができません。ヒアルロン酸とボトックス注射は同じプチ整形の手法ではあるものの、その効果には違いが見られます。ヒアルロン酸の場合、皮膚の内部にできてしまった比較的浅い溝をヒアルロン酸で埋めることで、皮膚の表面にあるシワを目立たなくし、その上で肌に張りを与えます。他方、ボトックス品川の場合には、表情筋を和らげることで、表情筋を緩和します。加齢によって眉間のシワやおでこのシワが目立つようになりますが、これは表情の癖がついている状態です。この癖を改善するためには、ボトックス品川を用いて表情筋を緩める必要があります。そうすることで、深く刻まれてしまったシワを目立たなくさせることができるのです。施術方法については、注射器を使い、表情ジワが気になる部分に数箇所注射をします。ボツリヌストキシンを複数回に分けて注射することで、筋肉を弛緩させる効果をもたらします。その後、3日ほど経過すると効果が現れ始めます。眉間を寄せようとしても眉間のシワは寄らなくなり、目尻の小じわも目立たなくなります。こうした表情ジワがなくなるだけでも、人の表情は若返るものです。

Copyright© 2020 心と美容の悩みを解決できる方法を試してみよう All Rights Reserved.